留学生の声!! セブ島体験記

プロフィール写真
楽天株式会社 葛城 崇
Takashi Katsuragi

楽天株式会社 グローバル人事部 HRプランニング室 室長
2012年7月から英語の社内公用化を正式に導入する

英語でのコミュニケーションがグローバルで戦っていく上で大きな強みに

イメージ

渥美

今回、楽天様がセブ島英語留学を導入されましたがその背景を教えていただけますか。

葛城さん

まずは、弊社ビジネスの急速な海外展開が背景にあります。その一環として、楽天株式会社では2012年7月から英語の社内公用化を正式に導入する予定で、完全移行に向けて社員の英語力向上が必要となってきました。何故、社内公用語を英語にするかというと大きく3つポイントがあります。

1つ目は優秀な人材獲得という面です。
世界には日本語を話せる人でなくても優秀な人が沢山いますので、そのような人たちを採用していくために社内公用語の英語化を進めています。

2つ目は情報共有と意思疎通の迅速化です。これは当社がグローバルにビジネスを展開していく上で海外のグループ社員と一緒に仕事を進めていく、又は海外の顧客やパートナーと一緒に仕事をしていくといった状況の中で、こちらが日本語で話し英語に通訳するプロセスが入ることで発生するコミュニケーションロスや時間ロスを解消する為です。特に国内外のグループ社員同士がスタッフレベルで迅速に情報を共有できるようになることは、グローバルで戦っていく上で大きな強みになります。

3つ目はそもそもインターネットビジネスというものが海外、特にアメリカで生まれ成長してきたビジネス産業なので最新の情報は英語で発信されることが多いのです。そういった環境の中では当然英語で情報をキャッチしコミュニケーションをとれるほうが有利になってくるというのも理由の一つです。翻訳されるを待っていてはグローバルの競争スピードに付いていけなくなります。
フィリピン・セブ島に留学するというのは日々英語に触れることになりますので、各個人の英語力が向上すると考えていますし、実際そうなっているメンバーが多いです。
特に一番効果が高かったのが英語に対する抵抗・ハードルというものが払拭できたところが一番大きいかなと思っています。

英語を話した事の無かった社員も積極的に英語で話しかけるようになった

イメージ

渥美

色々な語学研修がある中でセブ島留学を選んでいるポイントはなぜでしょうか?

葛城さん

第一に挙げられるのはコストの面ですね。
英語圏ということでアメリカやヨーロッパに留学するという選択肢もあるとは思うのですが、5分の1で留学できるのですからセブ島での英語留学を選びますよね。
次にフィリピンの講師が持っているホスピタリティ、そしてマンツーマンでの授業です。今回留学した学校も非常に熱心に教えてくださるといった点は良かったと思っています。
また、フィリピンは日本との時差が一時間しかありませんので、日本とコミュニケーションを取らなければならない時にも、時差を気にしないでいい点も良い所だと思っています。

渥美

今までセブ島語学留学から戻られた社員の方々の反応というのはどうでしたか?

葛城さん

まず、一番大きかったのが英語に対する関心、興味というのがものすごく高まって、今まで英語を全く話したことのなかった社員も積極的に自分から英語で話しかけるようになったという点です。
韓国人や中国人などとも文化交流が出来て英語だけでなくアジアを深く知る機会にもなっています。
先ほど言った積極的に自分が話せるようになるというところが大きいと思っていますので、よりビジネスで使えるようなスピーキングを求められる社員には今後も積極的に行ってもらいたいと思っています。

英語はあくまで本当のゴールを目指すためのツールの1つに過ぎません

イメージ

渥美

実際に社内で英語を使う機会が多いと思いますが、具体的にはどのようなケースで英語を使っていますか?

葛城さん

まず使うのは会議ですね。毎週火曜日朝に45分ほど行われている社員全員が参加する情報共有会である「朝会」も英語で行われています。そこには国内支社や海外グループ子会社からも中継を通じて参加してもらっています。
また、会議の時のプレゼンテーションやパワーポイントのマテリアル、社内イントラネットでの申請や告知などの各ワークフローなどのシステム、社員間のコミュニケーションツールとして運用している社内SNSも英語化されています。
更に、具体的なコミュニケーションとしては部内や課内、グループ内で行われるミーティングについてもすべて英語で行われています。
メールについても個人単位のやり取りを除いて、全体アナウンスや、またグループ内に日本人以外の人がいる場合にも英語となります。

渥美

皆さん英語で聞き取れるのですね。楽天社員が満たすべきTOEICの基準スコアというのはあるのでしょうか?

尾形さん

はい、基準があります。基本的に格付けによる設定をしておりまして初級中級上級でそれぞれに求められるTOEICスコアというものが各自設定されております。
アシスタントマネージャークラスで600点、初級管理職で650点、中級管理職で700点、上級管理職で750点となっております。また昇格についても求められるTOEICのスコアをクリアしないと昇格できません。

葛城さん

TOEICを実施することにより英語の基礎力というものが上がると思っていますので、それをうまく活用して更に実際のビジネスでのスピーキングですとか、先ほど申し上げた情報収集といったことを進めていくのが我々の目標となっております。
さらに本当のゴールというのが世界一のインターネットサービス企業になるということですので、そこを目指すために、英語はあくまでツールの1つに過ぎませんが、上手く活用して海外展開を加速していきたいと考えております。

世の中に良い意味でインパクトを与えていく、そのひとつが社内公用語の英語化

渥美

今後、社内の公用語を英語にしていくといった企業が現れると思いますか?
またそのような企業を応援していきたいと考えていますか?

葛城さん

社内の公用語を英語にする企業は今後増えていくと思います。
日本が今後少子化になっていくことですとか、国内の需要維持・拡大がなかなか難しくなっていくことを鑑みると、その企業の業態や特性にもよりますが、将来的に多くの企業にとってもグローバル化・海外展開というのは避けて通れないところだと思います。
そうなったときに日本語だけでビジネスをやっているというのでは難しくなってくると思います。そういう時にやはりグローバルビジネススタンダードの英語を使ってビジネスをやっていくという風に変わっていくと思うんです。
楽天が創業した当時、誰もが「インターネットでショッピングモールなんてできないよ」と思っていたことなんですが、それを事業として成長させたことで世の中にインパクトが与えることができました。
我々の目標である「世界一のインターネットサービス企業を目指す」という過程において、我々のビジネス活動が世の中に良い意味でインパクトが与えられればいいかなと思っておりまして、社内公用語の英語化もそのひとつになればいいなと考えています。

尾形さん

先ほど申し上げた通りフィリピン留学を幾つか体験してきた社員がいるのですが、やはり先生と施設のクオリティということがポイントになると思いますが、なかなか良いところを見つけるのが難しいというのも正直実感としてありますので、それをアチーブゴールさんが厳選して選び抜いた学校をご紹介いただけるというのは非常にありがたいことだと思っています。

渥美

今日は楽天様の考える社内英語公用語に対するセブ島語学留学へのご意見をお聞かせ頂き有難うございました。
今後もアチーブゴールは楽天様のご要望に応じたカスタマイズ研修をご提案して行きます。
マンツーマン授業で格安で日本から近い留学学校がフィリピンのセブ島にある事を日本の皆様に知って頂くようお知らせしていきます。

葛城室長、尾形さん、本日はお忙しい中有難うございました。

イメージ

他の体験談を見る
お電話でのお問い合わせはこちら 03-5302-2239