M.I.さん

時間と金はここに費やすべき。

語学に堪能でない私が、英語力を養うに必要な環境が、SMEAGにはあると考えたのが、ここに来た理由です。フィリピンに来て約4週間が経過し、それは正しかったと言えるでしょう。

英語から逃れられず、強いられる状況を望んでいました。英語力を向上させたい人にとって、これ程までに十分な環境は他にないと思います。現状の成長に満足する事は、停滞や衰退に起因しますが、卒業直前の現時点において、自身の目標達成度には充足感を覚えています。一学生を結果にコミットさせるだけの裏付けがきちんと存在します。ここでは、それについて2点ご紹介します。

1つにフィリピン留学最大の留学者受け入れ者数を誇るだけに、そこで得たノウハウが教材やカリキュラムに反映され、システム化されている事です。習熟度別に向き合うべき課題の傾向が読み取られ、英語力向上に必要な指導方法が全て授業に落とし込まれている事を感じました。

2つ目の裏付けが、マンツーマン授業です。経験豊富且つ実力の伴うフィリピン人講師が、課題の異なる学生に対し、指導を行っている事です。彼らは分かっています。英語に関して、もどかしさを感じている人の心情を理解しているからこそ丁寧に時間をかけ、我々の成長に向き合ってくれます。親しみやすく、明るい性格の講師が迎えてくれるでしょう。

ここでの生活パターンは、平日と休日に大別されます。平日はもちろん朝から晩まで授業と課題に没 頭する必要があります。英語にどっぷり漬かり、その間、頭はフル回転で働きます。一方、休日は自己の調整次第でやり繰りが可能です。模擬試験や自習を行うも良し、観光や街に繰り出すも良し。どちらもフィリピンでしか得られない経験です。大いにこの地で得られるメリットを堪能して下さい。

さらに、意図せぬ発見がありました。月並みな表現になりますが、とても貴重な出会いがあります。 ここに来ることを選んだ人は、意志と目的がある人です。目的もなく、何となくこの場所に来ている人はいません。意志と目標がある人と共に学ぶ機会は人生において、多くはないはずです。国籍、文化、年代と差異はあれど、その点において共通しているからこそ、意思疎通が図られるのだと感じました。

人生について、或いは英語を学ぶ理由に関して、より深く自問自答し合うことで、より一層学びに力が入りました。実質的な英語力の発展以外に促される成長があります。 時間と費用の都合が付くのであれば、再び学びに戻りたいと考えています。 1ヶ月間、本当に有難うございました。

関連記事

  1. Natsumiさん(期間:4週間)コース:TOEIC
  2. 川俣英則さん(30代男性)T専門学校様 英語科ご担当
  3. フクダさん(期間:16週間)コース:TOEIC,一般英会話
  4. Ryotaさん(期間:24週間コース)一般英会話,TOEIC

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ビジネス英語力
欧米留学前の二か国留学に最適
8日間の親子留学で人生が変わる。親子留学体験記
当校の校舎はTOEFL IELTS ケンブリッジ英検の公認試験会場に認定されています
欧米フィリピン留学比較
無料相談 留学説明会
よくある質問
PAGE TOP