留学生の声!! セブ島体験記

プロフィール写真
渡邉 文佳 さん 60代男性

■ コース:一般英語コース ■ 留学期間:12週間
■ 留学経験:なし  ■ フィリピン渡航歴:なし

定年退職後の初めに

これまで趣味として、独学で英語学習に取り組んできましたが、2011年の12月からは約5ヶ月間スカイプを使ったフィリピンの先生による英会話レッスンを受けてきました。そこでフィリピンの先生方と話をしたこと、フィリピンについて新たに知ったことなどを通じ、フィリピンに対しては他の国にはない親近感を持ちました。そして、これまでの学習をさらに伸ばし、今後何らかの形で仕事や社会貢献ができればと思い、フィリピン留学を考えました。
留学先としてフィリピンを選んだ理由は、物価が安く留学に関する費用が安く抑えられることが挙げられます。また、授業ではマンツーマンレッスンが多く受けられるのも他の国にはない大きな魅力です。さらに、土日は観光に充てることもでき、フィリピンの海の美しさに触れたり、フィリピンならではのアクティビティも自分にとっては魅力の一つでした。おかげさまで留学の最後にはスキューバダイビングのライセンスを取ることができました。
留学前の学校選びでは、留学する場所を含めいろいろ悩んでいました。留学説明会にも参加し、適切なアドバイスを受けることができ、学校の特徴や立地条件などを考慮して学校を決めることができました。自分が選んだ学校は、授業時間が長く消化できるか不安な面もありましたが、ためらっていては事は前に進まないと思い決断しました。

幅広い年代の留学生仲間との生活

イメージ

授業は1コマが90分で1:1の授業が「リーディング・ライティング」と「リスニング・スピーキング」で各1コマありました。1:4の授業も1コマあり、内容はディベート・英語表現・プレゼンテーションなどがありました。また、早朝、夜の授業は文法、ディクテーション、スピーキングなどがあり、選択授業ではディベートを中心に学習しました。幅広く多方面から英語力の伸長が期待できると思います。途中でキャンパスを移ったのですが、その寮ではさらに夜1時間ティータイムレッスンがあり、合計すると一日最大で12時間授業が受けられます。
日記を書く課題もあり、難しい内容をどう表現しようか考えながらも、頑張って取り組みました。書いた日記は授業で直してもらい、これまでライティングをすることはほとんどなかったのでよい勉強になりました。授業の中ではフィリピンの抱える国内事情や文化などについても知ることができ、また韓国や台湾などのお国柄についても話が聞けました。逆に日本について考えさせられることも多々ありました。学校生活では、他の学生と自分を比較し、自分の足りないところを実感し、自分の英語力の問題点を実感として知ることができたことも大きな収穫だったと思います。
周りの優秀な学生には大いに刺激を受けました。帰国後もさらに努力を重ね、自分の力を伸ばしていきたいと思っています。若い人達にはもちろんですが、私のようなシニア世代にとっても、このような機会を得たことはたいへん貴重で、十分実りあるものだったと思います。特に日本の若い人達には、世界を知り英語力を伸ばすことは今や必須のことになっていると思います。フィリピン留学はそのための非常によい選択肢の一つになると確信し、大いに勧めたいと思っています。

学びたい気持ちさえあれば年齢は関係ない

イメージ

英語に限ったことではありませんが、学びたいという気持ちと継続する意志さえあれば、年齢・性別など関係無く充実した留学をすることができると今回の留学を通して感じました。親子以上に年齢の離れた仲間を得たことも日本ではなかなかできない体験でした。そして何より、英語を学ぶということを通して、まだまだ成長し続けることができるという喜びを感じることができました。今後のことはまだ決めていませんが、今回の留学で身につけた英語と自信を活かして、人の役に立つことをやっていきたいと思います。大満足の3ヶ月でした、ありがとうございました。

他の体験談を見る
お電話でのお問い合わせはこちら 03-5302-2239