留学生の声!! セブ島体験記

プロフィール写真
竹内 愛美 さん 10代女性

■ コース:一般英語コース ■ 留学期間:3週間
■ 留学経験:なし  ■ フィリピン渡航歴:なし

本気で勉強するために環境を変えようと

これからの時代に英語は欠かせない、就職活動でも英語ができると有利、と学校でも散々聞かされ自分自身も英語ができるようになりたいなぁと考えてはいたものの、「英語の勉強」と言ってもどこから手をつければよいかわからずどうしても後回しにしがちでした。そんな時に、学校の友達がフィリピン英語留学の相談会に参加して説明を受け、フィリピンでの英語留学が面白そうだと教えてくれました。日本にいても遊びやバイトなどで時間を取られて中途半端な勉強しかできずにいたので、一度環境を変えてみるのもいいかもしれないと思い、友達と2人で夏休みを利用してセブ島の語学学校に留学することにしました。

日本では得られない「英語漬け」の環境

イメージ

学校では1日3時間のマンツーマンレッスンを中心とした授業を受けました。初日のレベルチェックテストがとても難しく感じて早くもくじけそうになりましたが、せっかく環境を変えて英語を学ぼうとやってきたのだからと気を取り直して授業に参加しました。
マンツーマンレッスンでは、先生と2人だけで会話を進めていきます。まさに「英語を話さざるを得ない環境」です、もちろん居眠りもできません(笑)。先生の話を理解しようと一生懸命耳を傾けますし、自分も英語で意思を伝えようと頭も体もフル回転させるので、「体で英語を覚える」感覚を覚えました。欧米などの留学先では、座学スタイルのグループ授業が大半で自分が英語で発言する機会は少ないと聞いたことがあります。大人数の授業ではここまで体を集中させて英語と接することはしなかったと思います。
マンツーマンレッスン以外にも、先生1人に対して生徒が4人ほどの少人数グループ授業がありますが、マンツーマンと違って複数の人がいることで会話のキャッチボールの幅が広がるので、どんなボールがどこから飛んでくるかわからないというマンツーマンとは違った緊張感の中で英語を学べました。クラスメイトがいることで授業もより活発になり、一緒にわからないところを教え合いながら授業を進めたり情報交換などもできるので、マンツーマンレッスンばかりの授業でなくグループ授業もバランス良く取り入れているフィリピンの語学学校は、いろんなスタイルで英語を学べてとてもいい環境だと思いました。

思い切って留学して正解でした

イメージ

貴重な夏休みをセブ島で過ごせて本当によかったと思います。こんなに集中して英語に触れることは日本ではなかなか経験できないし、友達もたくさんできて、勉強も遊びも満喫し大満足の留学体験でした。
また春休みか来年の夏休みにもう一度行きたいくらいです。





他の体験談を見る
お電話でのお問い合わせはこちら 03-5302-2239